Warm Staying Hotels

低価格で旅行をするなら夜行バスが最適|運賃で便を選ぼう

格安で東京まで行けます

格安で効率的な移動方法

カップル

夜行バスを活用することで全国各地に格安で移動することができます。
福岡から夜行バスはたくさん出ていますので、新幹線や飛行機よりも安くて移動できます。
時間はかかりますが、価格を安く抑えることができるのは大きな魅力と言えます。
特に長距離の移動の場合には、夜の時間帯を利用して移動することができるため、時間を効率的に使用することができるというメリットがあります。
福岡から東京に夜行バスで移動する場合には、福岡を夜に出発して、東京には朝につくことができます。
およそ14時間の長旅にはなりますが、新幹線や飛行機のように乗り換えも必要ありませんし、早朝から準備する必要もありません。
起きれば東京にいるというのは大きなメリットと言えます。
費用面で考えた場合には、福岡から東京まで夜行バスを利用した場合、最安値は1万円を切ります。
これは、新幹線や飛行機に比べると格安です。
通常の価格でも1万5千円程度ですので、これでも格安と言えます。
新幹線並みの2万円出せばプレミアム仕様の個室に入ることができますので、新幹線よりも時間は倍以上かかるものの、夜間を利用して移動できることを考えると夜行バスの方が効率的かもしれません。
飛行機の格安航空会社の中には福岡と東京の間を1万円の運賃で行ける場合もありますが、空港までのアクセスにも費用がかかりますので、夜行バスが最安値であることは間違いありません。
時間に余裕があるのであれば、夜行バスが最も効率的と言えます。

バスという選択肢

バス

本州から九州への移動の手段として夜行バスという選択肢があります。
夜行バスは都市内を走る路線バスとは異なり都市間を結ぶことを目的としたものです。
昼行の場合には都市間バスや高速バスとも呼ばれますが、夜間に走行する場合には、夜行バスと呼ばれています。
移動に使われるのは観光バスなどに使われているもので夜間に走行するためそれぞれの座席が独立した3列シートタイプが多く用いられます。
またより快適に移動できるように大型シートを設けたものや近年は個室を設けたものなどその選択肢も豊富です。
夜行バスのメリットは、夜の間に移動をするので、移動中の時間を節約することができます。
一方で時間は掛かるものの料金も新幹線や航空機を使うよりも格安で利用することができます。
九州方面への夜行バスとしては、一番遠い場所としては東京発福岡行が毎日運行されています。
このほかの夜行バス、特に西日本以東の地域のものは発着地は福岡が中心になります。
西日本発着の場合には九州の各都市と結ばれている夜行バスが設定されています。
福岡発着の夜行バスが結ばれている都市としては東京、山梨、愛知、静岡、大阪、京都、兵庫のほか岡山、広島、鳥取、島根、山口の中国地方、香川、徳島、高知、愛媛の四国地方のほか九州地方の都市にあります。
また九州は夜行バスのほか昼行バスの都市間バスも盛んに運行されているので福岡で乗り継いで九州の各都市にも移動することができます。

快適に過ごしましょう

粘土の人形と鞄

福岡市内(博多・天神)を発着する夜行バスは日付が変わる前から午前中にかけて乗車する事から、快適に乗るための工夫が必要になってきます。
長時間の乗車は背中や腰に負担があるので、福岡発着の夜行バスを予約する際はシートタイプを重視する事が大切です。
福岡を発着する長距離便は独立3列シートがメインとなっていますが、格安夜行バスや繁忙期の増発便の場合は観光バス仕様の4列シートもあるので、予約時に必ずシートタイプを確認しておきましょう。
予約が確定した後は、快適に夜行バスに乗るためのグッズが必要ですので、安眠グッズを買い揃えておきましょう。
主なグッズは100円ショップで購入する事が可能であり、ネックピロー・耳栓・アイマスク等を準備しておいて下さい。
アイマスクは耳に負担が掛かる場合がある事から、ある程度高値の商品を買っておいても損はありません。
仮眠が取れない場合は、無理に寝ようとするとストレスになってしまうので、音楽プレイヤーやスマートフォンで音楽を聞いて心地良くなれるように工夫をしましょう。
福岡発着の夜行バス事業者はフットレスト付きの車両で運行している事が多く、スリッパを無料で使える事がほとんどですので、下半身の負担を軽減するために両方を使っておきましょう。
サービスエリアでの休憩時にふくらはぎの揉みほぐし・ストレッチをしておく事も大切ですので、むくみ防止のために少なくとも2時間に1度は対処をしておいて下さい。